BLOG

役員運転手の7つの心得とは?マナー/知識/ルール徹底解説!

 

役員運転手になるには、どんなことを心得ていればいい?

 

役員運転手は車の運転が主な仕事ですが、決してそれだけではありません。

初めて役員運転手になる方は、特殊な業務に戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

役員運転手に求められるスキルは、プロドライバーの中でも特に高度なものです。

そのため一朝一夕にマスターできるものではありません。

 

しかし役員運転手に必要な「心得」を把握することはできます。

心得を把握できれば、どのようなスキルや知識を身につけるべきかが分かるでしょう。

 

今回は「役員運転手としての心得」を7つご紹介します。

プロドライバーとして、プライドを持って仕事ができるように把握しておきましょう。

 

1、役員運転手のイメージは「寡黙な紳士」

 

 

役員運転手と同じように人を目的地まで送り届けるタクシー運転手の中には、とてもおしゃべりでよく話しかけてくれる人もいます。

 

しかし役員運転手にはそんなイメージはありません。

では役員運転手とはどのようなイメージですか?

 

例えば

・寡黙

・運転が上手

・品がいい

・気配りができる

といった「寡黙な紳士」のイメージではないでしょうか?

 

実際トップクラスの役員運転手もこの通りです。

そしてこれらが、役員運転手の身につけておくべき心得につながります。

 

2、役員運転手が身につけておくべき7つの心得!

 

 

役員運転手は、文字通り会社の役員を目的地までお送りするのが基本的な仕事です。

 

タクシーやハイヤーの運転手のように、二種免許は必要ありません。

その代わりに高度なスキルを求められ、プロドライバーとしての心得を身につける必要があります。

 

では一般的なイメージの「寡黙な紳士」のような役員運転手になるためには、どのような心得が必要でしょうか。

 

2-1.  ビジネスマナーが身についている

 

役員運転手は裏方の仕事ですが、お客様は企業の重役など上層部の方々です。

また取引先のエグゼクティブな立場の方に会う機会もあるでしょう。

 

そんな時は、会社を代表している気持ちを持って、振る舞いに注意する必要があります。

万が一失礼な態度をとれば、取引に影響を与えかねません。

 

またどんなに相手の方がフランクに話しかけてくれたとしても、正しい敬語で応対しなければなりません。

 

お辞儀ひとつであっても、細かく見ている人は必ずいます。

どんな時でもビジネスマナーにはひときわ注意が必要です。

 

2-2.  守秘義務の徹底

 

場合によっては運転している車内で商談が行われたり、社内の重要事項が決定する可能性があります。

もしかしたら社会を揺るがすような話を聞いてしまうかもしれません。

 

そんな時でも、役員運転手は誰にも口外してはいけません。

 

また仕事上の情報でなくても、役員の個人的な情報を知ってしまうこともあるでしょう。

しかしそれを他人に漏らすことも厳禁です。

 

万が一口外したことで、お客様の立場を悪くしてしまう可能性があります。

どんな時でも守秘義務を徹底するのが当然の心得です。

 

2-3.  道路事情に詳しい

 

毎回同じ場所しか行かない会社もあるかもしれませんが、たいていの役員運転手は、さまざまな場所へ役員を送り届けます。

急遽行ったことがない場所へ行くよう言われることもあるかもしれません。

 

そんな時でもカーナビを使わず土地勘だけで行けるのが、役員運転手としての理想形です。

そのためにも少なくとも会社の近隣だけでも、どこにどんな会社や建物があるか把握しておきましょう。

 

また行き慣れた場所でも、工事をしていて混んでいることもあります。

そんな場合でもあらかじめ把握して、違うルートを選択し時間通りに到着できるようにすることが求められます。

 

2-4.  細かい気配りが必要

 

役員運転手は、常に担当する役員の動向を把握し、細かい気配りができなければなりません。

 

例えば次の現場まで時間がない場合や、逆に余裕がある場合は選択すべきルートを変えることもあります。

 

当然時間がない場合は最短ルートで、余裕がある場合は早く着きすぎないようなルートを選択します。

余裕があるならどこか他に寄りたい場所がないか確認することもできるでしょう。

 

また移動中は必要に応じて空調を調整し、風邪をひいているようであれば秘書に連絡するといった気配りも必要です。

 

2-5.  高い運転技術を身につける

 

役員運転手は事故を起こさないことはもちろん、それに加えて高度な運転技術が求められます。

 

役員運転手が乗る車は、左ハンドルや大型車など運転が難しい車も多くあります。

そのため普通車以上にブレーキやカーブ、右左折などには気を配らなければなりません。

 

乗っている方が車に乗っていることを忘れてしまうぐらいに、安心してくつろいでいただけるような運転を心がけます。

 

2-6.  臨機応変に動ける

 

役員運転手は、お客様や周りの状況によって臨機応変に動けなければなりません。

 

例えば急に雨が降ってきたら、役員が出てきそうな時間にエントランスまで車を出して迎えたり、傘をお持ちするといったことです。

 

そのためにも、常にいたるところにアンテナを張り、情報収集を欠かさないようにします。

 

役員の動向に注視し、次に何をしようとしているのか、何を求めているのかを瞬時に判断できるようになりましょう。

また移動中に道が渋滞していたら別の道を選択する、といった柔軟さも必要です。

 

2-7.  お客様優先の心構え

 

役員運転手は休日出勤の可能性もあります。

役員の方が接待や会合のように、休日でも仕事が入ることがあるためです。

 

休日だからと業務を断ってしまっては、役員の仕事に支障が出てしまいます。

 

また出勤日でも、勤務時間外に車を出さなければならないこともあるかもしれません。

 

もちろん残業手当や休日出勤手当をもらうのは当然の権利です。

しかし時には自分の都合よりも、お客様の都合を優先させなければならないこともあると心得ておきましょう。

 

3、役員運転手初心者がスキルを身につけるなら派遣がおすすめ

 

もしもこれらの心得を基に役員運転手のスキルを身につけたいと考えるのであれば、役員運転手の派遣会社に登録することをおすすめします。

 

初めて役員運転手になろうとしている方は特に、一度派遣会社でちゃんとした教育を受けるといいでしょう。

もちろん求人募集している企業に直接雇用してもらう方法もありますが、その場合教育体制がしっかりしていない可能性もあります。

 

逆にほとんどの派遣会社では、役員運転手としての心得からスキルの習得まで、しっかりとした研修制度があります。

 

運転の仕方やマナーなど、会社によって研修内容はまちまちなので、自分が足りないと思うスキルを身につけられる派遣会社を選びましょう。

 

4、役員運転手の心得とスキルを学べる「セントラルサービス」

 

 

「セントラルサービス」は、都内3か所に営業所を構える役員運転手の派遣・請負会社です。

 

役員運転手に必要な知識やスキルを身につけることは、お客様の満足につながります。

 

そのため徹底した運転研修・接客研修を行います。

どの現場に行っても恥ずかしくないスキルが身につきます。

 

また運行ルート構築の方法や地理研究といった実地研修で、実践的な能力も磨かれます。

 

キャリアアップに関しても、万全の態勢でバックアップ。

「運行管理者」や「秘書検定」など、業務に役立つ資格の取得を積極的に後押しします。

 

4-1.  「セントラルサービス」の求人情報

 

現在「セントラルサービス」では、正社員・業務委託で働いていただける方を募集しています。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

5、まとめ

 

役員運転手はプロドライバーとして、高度な知識や技術・スキルを求められます。

そのためはじめて役員運転手を目指す人は、プロの役員運転手としての心得がなければなりません。

 

常にお客様第一を意識し、信頼される役員運転手を目指しましょう。

 

派遣の役員運転手に興味のある方は、「セントラルサービス」まで、ご相談ください。

 

「セントラルサービス株式会社」

TEL:03-6380-9151

https://www.central-service.co.jp/